血管拡張 サプリ

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

血管を拡張するサプリはどれ?

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

血圧が140を超えた方や健康診断で再検査項目が多かった方。

 

自分の体が心配ですよね。

 

高血圧が続くと、動脈硬化や心筋梗塞など、重度の合併症を引き起こします。

 

自覚症状がないからといって、高血圧と診断されても何の改善もせずに放っておいてはいけません。

 

きちんと対策しましょう。

 

毛細血管を広げて血圧を自然に下げる成分や、コレステロールを下げて血圧を安定させ、血液をサラサラにする成分など、有効なサプリメントはたくさん開発されています。

 

このサイトでは、効果のあるサプリメントをご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

ヘルスオイル

 

 

ヘルスオイル

 

北陸富山の医薬品「ヘルスオイル」の公式サイトをチェックする

 

  • 高コレステロール血症の改善と動脈硬化症の予防に飲んで効く医薬品
  • 血管の詰まり対策に欠かせない4つのポイントに対して、4つの有効成分
  • 35年以上頼られてきた富山の医薬品

 

 

価格

通常価格4,500円(税抜)→初回1,900円(税抜)

内容量

180カプセル

備考

定期コースではありません。

 

ヘルスオイルの総評

 

医薬品ヘルスオイルは、高コレステロール結晶を改善できるようにお手伝いします!

 

血管の詰まり対策に欠かせない4つのポイントに対して、4つの有効成分が作用して効果を発揮します。

 

@リノール酸⇒高コレステロールを低下
Aジパルミチン酸ピリドキシン⇒脂肪の沈着を防止
Bカルバゾクロム⇒弱くなった血管を強化
Cトコフェロール酢酸エステル⇒血液の流れを促進

 

日本で唯一、高コレステロール結晶の改善と動脈硬化症の予防に効くと認められた医薬品です。

 

 

北陸富山の医薬品「ヘルスオイル」の公式サイトをチェックする

 

 

 

 

 

白井田七

 

 

 

白井田七の公式サイトはこちら


 

  • 血液サラサラ成分のサポニンが糖代謝をサポート!高麗人参の約7倍入っています!
  • ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれる漢方系なので、副作用の心配が少ないんです。
  • 15日間全額返金制度実施中!

 

 

価格

通常価格6,480円(+税)→毎月お届け便3,980円(+税)

内容量

120粒

備考

定期コースはいつでも休止・解約することができます。

 

白井田七の総評

 

年齢とともに高くなる原因としては、加齢に伴う血管や全身の老化が原因とも言われています。

 

実はこの高血圧にも田七人参が効果を発揮してくれるのです。

 

田七人参に含まれるサポニンには、毛細血管を広げて血圧を自然に下げる効果があります。

 

また動脈硬化の原因となる血中のコレステロールを下げて、血圧を安定させ、サラサラにする作用があるのです。  

 

白井田七の公式サイトはこちら


 

 

緑でサラナ

 

 

 

緑でサラナの購入はこちら。


 

  • 日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
  • 臨床試験では3週間でLDL(悪玉)コレステロールが低下!
  • 発売から6年で累計販売本数1億本突破!!

 

 

価格

通常価格6,000円(税抜)→キャンペーン価格5,400円(税抜)

内容量

160g×30缶セット

備考

定期コースではありません。

 

緑でサラナの総評

 

サンスターから発売された特定保健用食品「緑でサラナ」!

 

トクホ許可表示: 本品は、血中コレステロール(特にLDLコレステロール)を低下させる働きがあるブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を豊富に含んでいます。

 

コレステロールが気になる方や高めの方に適しています。

 

野菜8種類+りんご&レモンで飲みやすく、1日分の野菜不足も補えます。

 

缶ジュースのように飲みやすいので、続けられそうですね。

 

 

緑でサラナの購入はこちら。


 

 

 

細い血管や血管の詰まりは動脈硬化の原因?

 

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

 

死に至る危険性の高い病気として心疾患や脳梗塞があります。

 

これらを発症するリスクを高めてしまうのが動脈硬化です。

 

動脈硬化は、血管内部の表面にコレステロールが蓄積することで血管が硬くなった状態。

 

血液の流れが悪くなるだけでなく、前述したような危険な病気を引き起こす原因にもなり得るんです。

 

動脈硬化が生じる原因としてどのようなものが考えられるのでしょう。

 

動脈硬化を引き起こす原因としては、以下のようなものがあります。

 

細い血管

 

動脈硬化をもたらす可能性が高いのは、血管が細い場合です。

 

血管が細くなるほど硬化の進行も早くなります。

 

しかも、動脈硬化が進むことで血管はさらに細くなります。

 

状態も悪化しやすくなるでしょう。

 

血管の細さは体質に起因するものと考える方が多いと思います。

 

しかし、実は後天的な要因も存在します。

 

血管が細くなる原因として運動不足があります。

 

運動不足になると、筋肉量の減少に伴って血管の収縮、拡張機能が衰えてしまうからです。

 

ですから、身体を動かす機会の少ない方は定期的な運動を行うなど、対策をたてましょう。

 

血管の詰まり

 

血管が詰まった状態も動脈硬化をもたらす原因となり得ます。

 

動脈硬化は、コレステロールが血管の内壁に溜まってしまうことによって引き起こされます。

 

一方、血管の詰まりもコレステロールや中性脂肪の蓄積が原因です。

 

そのため、血管の詰まりを生じた段階で動脈硬化を引き起こす危険性も高くなるのです。

 

血管が詰まりやすいのは高血圧や高脂血症の方です。

 

これらは、コレステロールや中性脂肪が血管内に溜まりやすい状態を作りだします。

 

血管を詰まらせるリスクも高まるんです。

 

血管を拡張するにはどうすればいい?

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

血管が細い状態は動脈硬化のリスクを高めます。

 

ですから、動脈硬化を予防するためには血管を太くすることも大切です。

 

では、血管を拡張する方法として、どのようなものがあるのでしょう?

 

血管を太くする方法としては、次のようなものがあります。

 

血管拡張薬を飲む

 

血管を拡張する最も効果的な方法は、血管拡張薬を服用することです。

 

狭心症や心筋梗塞といった病気の治療に用いられるもので、血管を拡張させることで血行の促進や血圧の低下をもたらします。

 

ただし血管拡張薬は、医師による処方を受けない限り、服用することはできません。

 

食事からアプローチする

 

食品によっては、血管を太くしたり、血液をサラサラにする効果のあるものもあります。

 

いくつかご紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

にんにく

 

にんにくには、血流を良くする働きやコレステロールの低下といった効果があります。

 

さらに、血管の拡張を促進する働きもあります。

 

においが気になるという人はサプリメントでの摂取をオススメします。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎに含まれているケルセチンには血流を良くする働きがあります。

 

それだけではなく、抗酸化作用によって血管の老化を防ぐ働きも確認されています。

 

さらに、にんにくにも含まれるアリシンという成分の働きによって、末梢血管を拡張させる働きも期待できるでしょう。

 

青魚

 

青魚はDHA・EPAが豊富な食品です。

 

これらの成分は非常に多くの効能があることで知られていますが、血行の改善にも効果的です。

 

EPAには、血管を拡張する働きがあることがわかっています。

 

また、EPAとDHAには血圧を下げる効果や血液中のコレステロールを下げる効果、血液をサラサラにする効果などもありますから、動脈硬化の予防に有効な成分といえます。

 

サバ缶など、DHA・EPAが豊富に含まれています。

 

青魚を毎日焼くよりはお手軽ですね。

 

 

酢にはアミノ酸が多く含まれています。

 

アミノ酸も血管を広げる作用のある成分です。

 

そのうえ、抗酸化作用の強いクエン酸や血行状態の改善をもたらす酢酸なども含まれているので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

さきほどの玉ねぎと同時に摂取するなら、玉ねぎを酢につける「酢玉ねぎ」が効果的です。

 

一度試してみて下さいね。

 

 

酢タマネギ 健康と美味しさたっぷり簡単レシピを楽天市場でチェック

 

納豆

 

血行状態を良くしたいのなら、納豆を多く摂ることも効果的です。

 

納豆に含まれるナットウキナーゼには、血管の詰まりを引き起こす血栓を溶かしやすくする働きがあります。

 

 

などがあります。これらの食品に含まれる成分には血管を広げる作用があります。

 

普段の食事に積極的に摂りいれるようにしましょう。

 

サプリメントを飲む

 

サプリメントを飲むことによっても、ある程度の効果は出ます。

 

健康維持に有効な多くの働きのあるDHA、EPAですが、血管拡張をもたらす効果もあることも分かっています。
そのため、DHA、EPAを含んだサプリメントを摂取することが血管を広げるためには効果的なんです。

 

また玉ねぎやニンニクについても、そのエキスを配合したサプリが販売されています。

 

毎日飲み続けることによって、血管を太くする効果が期待できるでしょう。

 

血管を狭くする生活習慣に気をつけて!

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

薬やサプリメントなどの利用によって、血管を拡張させることは可能です。

 

しかし、最も重要なのは生活習慣を改めることでしょう。

 

血管の状態が一時的に良くなったとしても、日々の習慣が変わらなければ、また同じように悪化してしまう可能性が高いですよね。

 

そこで、改めるべき生活習慣について、見ていきましょう。

 

以下のような生活習慣は血管を細くする原因となります。

 

偏った食事と肥満

 

コレステロールや中性脂肪が血管壁に付着すると、血管が狭くなる原因になります。

 

そのため、中性脂肪やコレステロールを過剰に摂取するような食生活を続けていると、血管の狭窄は進行します。

 

特に注意が必要なのが、肥満です。

 

肥満になると血液中の中性脂肪やコレステロールも増えがち。

 

血管を狭めるリスクも高まるんです。

 

高血圧

 

高血圧を招くような食生活にも注意しなくてはなりません。

 

血圧が高い状態になるとその圧力から血管を守るため、血管壁は厚くなっていき、血液の通るスペースが狭くなります。

 

身体の防御機能によって、血管が細くなるんですね。

 

さらに、血圧が高くなることで内壁は傷つきやすくなり、そこにコレステロールなどが入り込みやすくなります。

 

喫煙

 

喫煙の習慣のある方も要注意です。

 

喫煙が血管を収縮させてしまうことはご存じの通りですが、その他にも影響を及ぼします。

 

悪玉コレステロールの増加や善玉コレステロールの減少、血栓の増加などです。

 

様々な面から血管を狭めるリスクが生じることになるので、禁煙を心がけましょう。

 

飲酒

 

飲酒についても気を付けましょう。

 

適度な量のお酒は血行を促進させますが、多量の飲酒は高血圧の原因となります。

 

高血圧は血管を狭める原因となりますから、お酒を好む方は飲みすぎないように注意しましょう。

 

こわい高血圧

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

高血圧は“サイレントキラー“といわれます。

 

少々血圧が高くなっても自覚症状はほとんどなく,気がついたときには血管が詰まったり心不全になったり,突然大きな病気に襲われます。

 

一体、血圧はなぜ上昇するのでしょうか?

 

血圧は文字どおり,血管にかかる圧です。

 

電圧と同じように、血液量(電流)と血管抵抗(抵抗)の積で決まります。

 

そのため,塩分の過剰摂取で体液量が増えたり,動脈硬化などで血管の抵抗が増えたりすると血圧が上がります。

 

運動などでも血圧は上がりますが,少しすると元に戻りますね。

 

血圧は一日のうちでも緊張すると上がり、リラックスすると下がります。

 

しかし,高血圧の状態が長く続くと元に戻らなくなり,高血圧が持続してしまうのです。

 

血管拡張サプリはどんな成分が含まれる?

 

血管を拡張するサプリはある?どれを選べばいい?

 

サプリメントを飲むことによっても血管を広げることは可能です。

 

サプリメントとして販売されている製品には、血管が拡張する成分を含んだものもあります。

 

そこで、どのような成分を含んだサプリが血管の拡張に効果的なのか、見ていきましょう。

 

血管を広げるためには、以下のような成分のサプリを選ぶようにしましょう。

 

DHA&EPA

 

血管を拡張させるサプリとして、DHA・EPA配合のものがあります。

 

EPAには血管を広げる効果があるのです。

 

しかもこれらの成分には、動脈硬化の原因となる血中の中性脂肪やコレステロールを減少させる働き、そして血液をサラサラにしてくれる働きもありますから、血行の改善にもつながるでしょう。

 

ケルセチン

 

この成分は玉ねぎに多く含まれており、血液をサラサラにしてくれます。

 

またポリフェノールの一種であるため、ケルセチンには強力な抗酸化作用があり、酸化による老化を防いで血管を健康な状態に維持してくれます。

 

アリシン

 

玉ねぎやにんにくといった食材に含まれます。

 

アリシンには、末梢血管を拡張させる働きがあるほか、抗酸化作用や血液中の脂質を減少させる働きもあります。

 

そのため、血管を太くして血行状態を改善させたいという方に適しています。

 

クエン酸

 

血管の状態を良好にしたいのなら、クエン酸の摂取も重要です。

 

ケルセチンと同様に、クエン酸にも強い抗酸化作用があります。

 

よって、血中のコレステロールや血管そのものの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防してくれるのです。

 

ナットウキナーゼ

 

納豆に含まれる酵素として知られているナットウキナーゼですが、血行状態を良くするうえで重要な働きがあります。

 

血液中にできる血栓は血流を悪くさせる原因です。

 

ナットウキナーゼには、この血栓を分解させる働きがありますから、血液がドロドロな状態になるのを防いでくれます。

 

 

ホーム RSS購読